ニキビ痕とは?

ニキビ痕とは?

 

ニキビでの最大の悩みは跡が残って肌がクレーターのように凸凹になることです。ニキビ痕凸凹肌になると一生消えることはありません。
治療せずほっておくとニキビ痕になる可能性があります。ニキビ痕も種類があり、ニキビの跡がまわりの肌と変わらない皮膚であれば問題なしです。色素がニキビが治ったあとに残ったような場合もニキビ痕は残りません。

 

自然と消えるのを待つだけです。しかし、膿をもったりしたニキビだとほっておくと皮膚に凹凸になりニキビ痕となってしまいます。
思春期の10代でニキビ痕が残ると引きこもりになるほど精神的に影響してきます。1番視線を感じる顔にニキビ痕ができますから病んでしまうのも仕方ありません。
ニキビのやっかいな面は凸凹肌になると元通りの凸凹のないつるつるした肌には戻らないというところです。ニキビ痕が残らないためにも、正しいニキビ予防をすることは絶対に必要です。そのためには常に肌を清潔にしておくことがニキビ予防になるということです。