赤みがあるニキビ跡のケア

赤みがあるニキビ跡のケア

ニキビ跡で赤みが残る原因はニキビが炎症を起こして膿をもっていたニキビの跡です。ニキビ跡が残るということは化膿したニキビの段階できまります。
ニキビ跡に赤みが残るのはまだ完全に尚っていない証拠です。ニキビとなる内部の部分がまだ炎症をおこしています。

 

治ったと思って炎症が残った状態で刺激の強い日焼け止めやファンデーションを塗るとさらに悪化して化膿してしまいます。赤みのあるニキビ跡の時期が1番きっちりとニキビケアしたい時期になります。
だいたいの方はここで油断をしてしまいそしてニキビが再発すると言われています。ここでしっかりと常に肌の清潔を保つようにしましょう。油断せずにきっちりケアを行えば炎症は1〜2か月たてば収まります。

 

赤もじょじょにうすくなって消えていきます。半年たっても赤みのニキビ跡が消えない場合は奥で炎症による原因で芯的ものが残っている可能性があります。皮膚科や整形外科にいってみてもらいましょう。